2020-6-5

予告編は腰に注意 1994年『タイムコップ』

 

皆さん、こんにちは。

 

 

予告を語ろう。

今回紹介するのは 1994年『タイムコップ』

 

 

ジャン=クロード・ヴァン・ダム主演

タイムトラベルが可能になった時代

時空を超えた犯罪を取り締まるSFサスペンスです。

 

 

この予告編はしっかり覚えてます(キリッ)

 

 

オリジナルトレーラー(製作本国の予告編)をベースに

日本の宣伝コンセプトに合わせた予告編に構成し直しました。

 

 

完成された予告編を組み替えるのは簡単そうですが、

意外と難しく─

 

・カットの使える尺が限られてる

・音楽のタイミングなど組み替えでずれる

 

など悩ましい要素がたくさん。

 

 

タイトルをインサートして尺調整するとか、

音楽を編集してカットにあわせるとか

色々計算しながら組み変えて

どうしても要素が足りない部分は、本編からインターネガを起こします。

 

 

インターネガとはポジ(プリント)からネガを起こす作業。

 

 

当時はもちろん映画本編はフィルムで

約2時間の本編プリントはだいたい6ロールに分かれていました。

 

 

フィルムを収納する2000缶というでっかい缶を6缶

よっこらしょとスタインベック(簡易映写機)に運んで作業開始。

 

 

フィルムに傷・指紋をつけないように手袋必須!(ドキドキ)

必要なカットにこよりをつけて(慎重に…)

現像所へ送ってインターネガを起こしてもらうのです。

 

 

ちなみに長尺の本編だと

7缶、8缶などになり

よっこらしょでは腰を痛めるので台車を使いましょう。

 

 

 

 

話が逸れました。

「タイムコップ」日本版予告編の見所は3カ所!

 

★ 使用されてる音楽が「エイリアン2」の上がる楽曲!

 

★ ヴァン・ダムの奥さん役

ミア・サーラの叫び声から一気に加速する展開!

 

★ ヴァン・ダムのパンツ一丁大開脚!

 

以上3カ所です!

 

 

 

Youtube等探しましたが日本版予告編が見当たらず

もしどこかで見る機会があれば上記3点と

カットと音楽のマッチングなどもチェックしてみてください!

 

 

では次回をお楽しみに!

 

シラニタ

 

エリすべて必須項目です。

メールドレ公開ん。